医師とアレルギーの病気

アレルギーとは、人間が本来持っている免疫システムに異常が起きる病気です。多くの人にとって無害である体外の異物(抗原)に対して、身体に不快・不利益になるような過剰な反応を示します。主なアレルギーの病気には、花粉症、気管支喘息、アトピー性皮膚炎、アナフィラキシーショック、食物アレルギー、薬物アレルギー、動物アレルギー、ハウスダストアレルギーなどがあります。ほとんどの場合、眼のかゆみ、皮膚のかゆみ、くしゃみ、鼻水など軽度のアレルギー反応を示しますが、発疹、かゆみ、腫れ、喘息を引き起すこともあります。アレルギー反応の中でも、アナフィラキシー反応は気道が収縮して呼吸困難になり、血管拡張、血圧低下などを起こして命に関わる場合もあります。 

アレルギー反応のメカニズムでは、身体の免疫システムが最初にアレルゲン(体外の異物・抗原)に接した時に免疫グロブリンE(lgE)と呼ばれる抗体がつくられます。このlgEは、血流中の白血球の1種と肥満細胞に結合します。アレルゲンとの最初の接触では過敏になるだけでアレルギー症状は起こりませんが、再度そのアレルゲンに接すると表面にlgEをもつ細胞はヒスタミン・プロスタグランジン・ロイコトリエンなどの物質を生成して周囲組織に炎症を起こします。これらの物質の反応連鎖によって組織を刺激し続け傷つけていくのです。この反応の程度には個人差があり軽度から重度まで様々です。

こうしたアレルギー反応を生じないためには、アレルギーを引き起すアレルゲンを避けることに尽きます。アレルゲンとなる食物を食べない、薬物の服用をやめる、屋内でペットを飼わない、少し大々的な例では重症の季節性アレルギー(花粉症)を持つ場合には、アレルゲンのない地域へ引っ越すという方法もあるでしょう。

アレルギーの治療には、薬物療法とアレルゲン免疫療法があります。薬物療法では抗ヒスタミン薬、クロモリン、コルチコステロイド薬などが処方されます。アレルゲン免疫療法とは、ごく少量のアレルゲンを意図的に体内に注入し自己の免疫力を高める治療方法です。アレルゲンを皮下注射し、症状をコントロールできる量まで徐々に投与量を増やしていきます。最初は週に1〜2度注射し、その後は2〜6週間ごとに注射を継続します。即効的な治療方法ではありませんが、花粉症の場合1年を通じた継続的治療でかなりの効果を期待できます。免疫療法の完了には3〜4年かかります。

Copyright (C) 2007-2013 医師とアレルギーの病気. All Rights Reserved.